February 11, 2019 / 4:30 AM / 2 months ago

英企業、国民投票後に対EU投資が12%増加=調査報告書

[ロンドン 11日 ロイター] - 英国が欧州連合(EU)からの離脱を決めた2016年の国民投票の結果、英国企業の対EU投資が大幅に拡大した。英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)の研究者らが11日調査報告書を発表した。

それによると、16年半ばから18年9月に英国からEUへの直接投資は12%伸びた。金額にして約83億ポンド(107億ドル)の増加で、ほとんどがサービス業向けだったという。これに対して、EUから英国への投資は11%(約35億ポンド)減少した。

報告書をまとめた研究者は「EU離脱決定で投資先としての英国の魅力が薄れたことがデータで示された」と指摘。「投資の減少は経済に悪影響を及ぼし、英国の労働者が今後、新規の雇用機会を失うことにつながる」と懸念を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below