September 5, 2019 / 11:05 PM / 16 days ago

アイルランド、英合意なき離脱なら国境付近で検査も

 9月5日、アイルランドのバラッカー首相は、英国が10月31日に合意のないまま欧州連合(EU)から離脱した場合、アイルランドと英領北アイルランドの国境付近で一定の検査を行う必要が出てくる可能性があるとの見方を示した。写真は6月撮影(2019年 ロイター/Francois Lenoir)

[ダブリン 5日 ロイター] - アイルランドのバラッカー首相は5日、英国が10月31日に合意のないまま欧州連合(EU)から離脱した場合、アイルランドと英領北アイルランドの国境付近で一定の検査を行う必要が出てくる可能性があるとの見方を示した。

アイルランドは7月、合意なき離脱が現実になった場合、厳格な国境管理の復活を回避するとともに、EU単一市場を守るため、北アイルランドから入ってくる物品に対して「どこかで何らかの措置」をとる必要があるとの立場を示していた。[nL4N24B0U2]

バラッカー首相はダブリンで行った講演で「物品や家畜の検査を行う。検査は可能な限り港や空港、事業所で行う」と述べた。ただ「一部は国境付近で行う必要があるかもしれない」とも指摘し、「欧州委員会と詳細を詰めている」と述べた。

英議会は今週、離脱延期を政府に義務付ける法案を可決したが、バラッカー首相は、英政局によって合意なき離脱の大きなリスクが生じ、そのリスクは高まっているとの見方を示した。

ジョンソン首相は5日、離脱延期を要請するくらいなら「野垂れ死に」したほうがましだと発言した。[nL3N25W3RN]

バラッカー首相は「われわれは英国の合意なき離脱を望んでおらず、回避に向けた努力を続けるが、いかなる代償を払っても回避するわけではない」とし、「合意なき離脱に利点はなく、現実になることを懸念している。だが用意はできている」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below