July 25, 2019 / 6:18 AM / a month ago

EU離脱巡る英首相発言、アイルランド首相が「現実離れ」と一蹴

 7月24日、アイルランドのバラッカー首相(写真)は、英国の首相に就任したジョンソン氏が欧州連合(EU)との離脱協定の再交渉を示唆していることについて「現実離れしている」として一蹴し、EUは離脱交渉における立場を変更していないと述べた。ブリュッセルで2日撮影(2019年 ロイター)

[ダブリン 24日 ロイター] - アイルランドのバラッカー首相は24日、英国の首相に就任したジョンソン氏が欧州連合(EU)との離脱協定の再交渉を示唆していることについて「現実離れしている」として一蹴し、EUは離脱交渉における立場を変更していないと述べた。

バラッカー氏はRTEテレビとのインタビューで、ジョンソン氏が24日に行った就任後初の演説に言及。「この演説を聞いて、ジョンソン氏が離脱協定の(北アイルランドに関する)バックストップ(安全策)を無効にするだけでなく、英国にとってもっと良い、まったく新しい協定を視野に話しているという印象を受けた」と指摘。その上で「それはあり得ない」と断じた。

さらに「今後数週間以内、もしくは数カ月以内に新たな協定を交渉することができるという考えは、まったくの現実離れだ」と強調した。

ジョンソン氏は演説でアイルランド国境問題について、解決策はあり得ると主張。問題を解決できない場合のバックストップを巡って「心配する必要はない。責任は私が取る(バックストップス・ヒア)」とし、安全策は民主主義に反すると訴えた。また本意ではないとしながらも「合意なき」離脱への準備を加速させると約束した。

バラッカー氏は、ジョンソン氏に首相就任の祝意を示した上で、英国のEU離脱交渉で最大の懸案事項であるアイルランドとの国境問題について、英国側の「早期の取り組み」を期待していると語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below