September 27, 2019 / 12:53 AM / in 21 days

ブレグジット実現だけが、現在の不安払しょく=ジョンソン英首相

 9月26日、英国のジョンソン首相はBBCテレビのインタビューで、前日議会での激しい攻防を受け、議会は冷静さを取り戻す必要があると指摘した。写真は再開された議会で演説するジョンソン氏。9月25日、議会のテレビ放映を撮影(2019年 ロイター)

[ロンドン 26日 ロイター] - 英国のジョンソン首相は26日のBBCテレビのインタビューで、前日議会での激しい攻防を受け、議会は冷静さを取り戻す必要があると指摘した。その上で欧州連合(EU)離脱を実現させることだけが、現在の不安を払しょくすると主張した。

英下院は25日、ジョンソン氏による議会閉会を違法とした最高裁判決を受け、約2週間ぶりに再開した。

ジョンソン氏は野党陣営に対し、内閣不信任案を提出して、総選挙に臨めと挑発した。一方、野党陣営は首相の辞任を一斉に要求し、EU離脱方針を巡る攻防は激しさを増した。

ジョンソン氏は26日、BBCテレビに「国民が結束し、物事を成し遂げる必要がある」と述べ、「冷静にならなければならない。われわれは1つになる必要がある。EU離脱を実現させることのみが、現在の不安を払しょくする方法だ」と主張した。

ジョンソン氏は前日の議会で、野党が中心になって成立させた離脱延期法を「(EUへの)降伏法」と呼び、野党から批判を浴びた。

BBCとのインタビューでジョンソン氏は、この法律によって、EUとの交渉で英国は不利な立場になると主張し「降伏法と呼ぶことは理にかなっている」と主張した。その上で「ブレグジットを実現させなければ、国民を失望させる。それが心配だ」と述べた。

英下院は26日、与党・保守党の党大会を開くためにジョンソン政権が提案した短期間の議会休会を否決した。

政権側は10月3日までの休会を求めていた。通常、党大会の開催中に議会は休会となるが、野党側は10月末のEU離脱予定日を控えた重要な時期の休会は。適切でないと反対した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below