May 21, 2019 / 5:27 PM / 3 months ago

合意なき英EU確率25%、首相にジョンソン氏=JPモルガン予想

[ロンドン 21日 ロイター] - JPモルガンは、英国の合意なき欧州連合(EU)離脱の予想確率をこれまでの15%から25%に引き上げた。ボリス・ジョンソン前外相の首相就任や総選挙、年末までの再延長が基本シナリオとした。

EU基本条約(リスボン条約)50条に基づく延長確率を50%から60%に引き上げ、メイ首相の協定案に沿った離脱確率を35%から15%に引き下げた。

同社のマルコム・バー氏は「英EU離脱:『合意なき』確率上昇、警戒の時」と題する顧客向け調査メモで、基本シナリオとしてジョンソン氏が9月初めに首相に就任後、総選挙が行われ、50条に基づく延長を年末までとすることで英国とEUが合意すると予想した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below