May 13, 2019 / 12:17 AM / in 2 months

メイ氏退陣した場合の不透明感、英保守党との協議の障害=労働党

 5月12日、英野党労働党のバリー・ガーディナー氏(写真)は、政府との協議で大きな障害は、メイ首相が退陣した場合、後任者がブレグジットを巡る合意を実行するかどうかが不透明なことだとの見方を示した。2016年9月にリバプールで撮影(2019年 ロイター/Darren Staples)

[ロンドン 12日 ロイター] - 英野党労働党のバリー・ガーディナー氏は12日、政府との協議で大きな障害は、メイ首相が退陣した場合、後任者がブレグジットを巡る合意を実行するかどうかが不透明なことだとの見方を示した。

メイ氏は、欧州連合(EU)と合意した離脱協定案を議会が3回否決したことを受けて、労働党との協議を1カ月以上前に開始した。協定案が議会で承認されればメイ氏は辞任する意向を示している。

ガーディナー氏はスカイニュースに対して「現段階で交渉できるかさえ分からない。メイ氏の後任が(合意したことを)実際に実行するかが不明で、これが交渉における大きな障害のひとつとなっている」と説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below