September 19, 2019 / 7:48 AM / in a month

英労働党、党綱領の改正作業開始 国有化政策再導入も

[ロンドン 19日 ロイター] - 英タイムズ紙によると、野党・労働党は、党綱領第4条の再改正に向けた手続きを開始した。トニー・ブレア元党首が撤回した広範な国有化政策が再導入される可能性がある。

綱領第4条は、1917年に社会主義者のウェッブ夫妻が起草。労働党は「生産・流通・交易手段の共有」に取り組むとされていた。

ブレア氏は1995年にこの第4条を改定。「国が必要とする富を生み出すため、協調・協力の力に市場の進取の気性と競争の活力を加え、公益に資する活力に溢れた経済」を支持するとの表現に変更した。

労働党の全国執行委員会は17日、第4条の再改正を検討する作業部会の立ち上げを決定した。同委員会の指導部はコービン現党首の支持者が押さえている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below