September 24, 2018 / 10:55 PM / a month ago

英労働党、メイ首相のEU離脱案に反対の用意=党大会演説原稿

[リバプール(英国) 24日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡り、最大野党・労働党で離脱問題のスポークスマンを務めるスターマー議員は党大会で25日に行う演説で、メイ首相がEUとの間で合意する離脱案に反対票を投じる用意をしていると表明する見通し。

労働党は離脱案を支持するか判断するために党として実施する6つのテストを提示しており、その中には、EUとの緊密な将来関係が確保され、EU単一市場・関税同盟のメンバーとして英国が現在享受している利益と同じ恩恵を受けることができるか、といった内容が含まれている。

演説の準備原稿によると、スターマー議員は党大会で「メイ首相がわれわれのテストを通過しない合意を持ち帰った場合、労働党は反対票を投じる。その可能性は高まっているように見える」と述べる見通しだ。

同議員はまた、保守党政権は確かな離脱計画を有しておらず、議会ではメイ首相の「チェッカーズ」案に対する過半数の支持はないと指摘する見込みだ。

6つのテスト項目を政府が現時点でどの程度達成しているかを測った労働党の文書によると、メイ政権は全ての項目で不合格となる見通しだ。労働党はこの文書で、メイ首相は経済と雇用を最優先した戦略をとる必要があると指摘した。

党大会では25日に、メイ首相の離脱案が議会を通過しない場合に2度目の国民投票の実施を選択肢とするかを巡って投票を行う。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below