for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英金融機関のEUへのアクセス、結論急がない=欧州委員

 欧州連合(EU)欧州委員会のマクギネス委員(金融サービス担当)は3月23日、英国の金融機関に対してEUにどういうアクセスを認めるかについて結論は急がないとの考えを表明した。1月、ブリュッセルのEU本部で代表撮影(2021年 ロイター/Kenzo Tribouillard)

[ロンドン 23日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会のマクギネス委員(金融サービス担当)は23日、英国の金融機関に対してEUにどういうアクセスを認めるかについて結論は急がないとの考えを表明した。欧州証券市場監督局(ESMA)のイベントで語った。

EUと英国は今月中に金融サービス面の協定で合意を目指している。その後は、英国の金融機関について、EUの金融市場に対して具体的にどういうアクセスを認めるかが焦点となる見通し。

マクギネス氏によると、昨年末に英国がEUを完全離脱したのを受け、ユーロ建ての株式やデリバティブの取引はロンドンからEU各国に混乱なく移行が進んでおり、EUにとっては英国のアクセスについて時間をかけて検討できる余裕が生まれた。

同氏は「急がなくて良い。ケース・バイ・ケースでさらに検討していく」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up