Reuters logo
ポンド急落、英国民投票の序盤開票状況で離脱派が優勢
2016年6月24日 / 01:37 / 1年後

ポンド急落、英国民投票の序盤開票状況で離脱派が優勢

[ロンドン 24日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票の序盤の開票状況で、イングランド北東部サンダーランドで離脱票が残留票を上回った。同市の投票結果などを受け、ポンドが急落している。

 6月24日、英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票の序盤の開票状況で、イングランド北東部サンダーランドで離脱票が残留票を上回った。同市の投票結果などを受け、ポンドが急落している。写真はウィーンで2013年7月撮影(2016年 ロイター/Leonhard Foeger)

残留支持が52%、離脱支持が48%とするユーガブの調査の発表直後、ポンドGBP=はドルに対して一時、年初来高値の1.5018ドルに上昇。しかしその後、一転して売り圧力が強まっている。0114GMT(日本時間午前10時14分)時点では、1.4187ドルと、約4.6%安で推移。

このまま下落が続けば、対ドルでの1日の下げとしては2008年の世界金融危機以降、最大となる見通し。

ポンドは他の主要通貨に対しても下落している。

サンダーランドでは離脱を支持する票が61.3%に上り、JPモルガンの予想(56.5%)を上回った。ニューカッスルは残留票が上回ったものの、予想外の僅差となった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below