December 10, 2018 / 5:24 PM / 4 months ago

メイ英首相、EU離脱案の議会採決を延期 ポンドは全面安

[ロンドン 10日 ロイター] - メイ英首相は10日、11日に予定していた欧州連合(EU)離脱案の議会採決を延期すると表明。これを受けて、ポンドは全面安の展開となった。

メイ首相は議会で「離脱案を巡っては北アイルランド問題を含め重要論点の多くで明らかに幅広い支持が得られているが、その一方で広範かつ根強い懸念も残されている」と指摘。「もしあす投票に踏み切れば離脱案は大差で否決される。したがって現時点で議会の分裂を助長しないよう、あすの投票を延期する」と語った。

首相は、EU離脱という国民の意思を実現するのか、それとも再度国民投票にかけて国の分裂を広げるのか、議会はどちらを望んでいるのかと質した上で「もし一歩後退するというのであれば、議会はそもそも『ブレグジット(英国のEU離脱)を望んでいるのか』という根本的な問題に直面することになる」と述べた。

アンドレア・レッドサム下院院内総務は、メイ政権は採決の日程を今後詰めるとしている。

メイ首相が採決延期を発表したことを受け、英ポンドは対ドルGBP=D3で一時1.2507ドルと、2017年4月以来の安値を付けた。また、対スイスフランで1年3カ月ぶり、対円で4カ月ぶり、対ユーロで3カ月ぶり安値をそれぞれ更新した。

テンパス(ワシントン)のシニア外為トレーダー、ジュアン・ペレス氏は「英ポンドは過去2年間にわたり解決への期待に翻弄されながら緩やかに下落してきたが、ここに来て単一市場からの離脱は繁栄への道ではないことがはっきりとしてきた」と述べた。

議会採決の延期によって、市場では再び「合意なき無秩序離脱のリスク」を警戒する声が高まっている。

<EUは再交渉の可能性否定>

メイ首相は、議会採決を断念したわけではないと強調した上で、重要論点である北アイルランド問題のバックストップ(安全策)を巡り、英国がEU規則を永久に順守するような状況にならないよう、EU側に一段の確約を求める考えを明らかにした。

これに先立ち、欧州委の報道官は、メイ首相と合意した離脱合意について欧州委は再交渉を行わないとの立場を示している。

トゥスクEU大統領は、EUは13─14日に開く首脳会議で英国のEU離脱が議題に取り上げられることを明らかにし、議会による離脱プロセス批准の後押しなどが討議内容に含まれるとしながらも、離脱合意案の再交渉は行わないと言明。「バックストップを含め、合意は再交渉しない」と述べた。ただ「合意なき離脱シナリオへの対応についても討議する」とした。

Slideshow (11 Images)

ドイツのマース外相も、離脱合意案の修正はないとの考えを表明。「双方が支持した合意が得られている。われわれは秩序立った離脱を望んでいる」述べた。

英野党労働党のコービン党首は、現政権はもはや機能していないとし、政権を明け渡すようメイ首相に要求。労働党の報道官は「われわれは最も成功する見込みが高いと判断した時に内閣不信任案を提出する」と述べた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below