November 26, 2018 / 7:13 PM / 15 days ago

東西間の乖離縮まらず、EUに脅威か=ECB専務理事

[ウィーン 26日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は26日、東欧と西欧間の乖離縮小の動きが実質的に勢いを失っており、欧州連合(EU)に脅威となる恐れがあるとの認識を示した。

クーレ氏は「より低所得の国々がすぐに追いつくという、信頼できる見通しが立たなければ、EUや通貨連合加盟に伴う利点そのものに対し、これらの国々に住む人々が疑念を抱き始める可能性がある」と指摘。「このような疑念は、現在の不安定な世界で特に憂慮すべきこと」と述べた。

生産性の伸びが大きく落ち込んだことや資本不足が主要課題と分析。欧州の支援策として、1)新たな産業発展で採算が取れるような市場を整備、2)最も高い生産性で資本が活用し得る分野や国々に資金を供給、3)格差解消や国家的な改革促進に向け直接金融支援を行う──ことを提言した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below