Reuters logo
英国への純移民、6月までの1年で過去最大の落ち込み=国立統計局
December 1, 2017 / 6:02 AM / 16 days ago

英国への純移民、6月までの1年で過去最大の落ち込み=国立統計局

[ロンドン 30日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)によると、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)が決定した昨年6月から今年6月までの1年間に、英国への純移民数が過去最大の減少幅を示した。4分の3以上が、EU出身者の出国数が入国数を上回ったための減少だった。

 11月30日、英国立統計局(ONS)によると、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)が決定した昨年6月から今年6月までの1年間に、英国への純移民数が過去最大の減少幅を示した。写真は英国旗と英国国会議事堂。2月にロンドンで撮影(2017年 ロイター/Stefan Wermuth)

今年6月までの1年間の純移民は10万6000人減の23万人。このうち8万2000人がEU出身者の減少によるもので、この期間のEUからの純移民は2013年6月以来最低水準となった。

ONSは、ブレグジット決定が減少の一因となっている可能性があると指摘した。ただ最新の減少については、昨年の移民が大幅に増加し、6月に過去最高水準に達していたことも背景にあるとしている。

1998年以降、英国への純移民は毎年10万人を超えていた。

ロンドン大学キングズ・カレッジのジョナサン・ポーテス経済学教授は、最新の移民減少はブレグジット決定以来の英景気鈍化とポンド相場下落に関連があると指摘。今後数年間にさらに減少し、年間15万人になる公算が大きいと述べた。教授は先に、ブレグジットは英経済に打撃をもたらす可能性が高いとしていた。

一方、ブレグジット推進を訴えたスティーブン・ウルフ欧州議会議員は、長期移民は依然高水準と指摘。ツイッターに「この数字は、ブレグジット初日からまったく新しい移民制度を実施する必要性がますます高まったことをあらためて示している」と投稿した。

ブレグジットは、2019年3月29日の予定。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below