July 11, 2016 / 9:06 AM / 4 years ago

独仏世論、過半数が英国への寛大な措置に反対=ユーガブ調査

[ロンドン 8日 ロイター] - 調査会社ユーガブが8日に公表した世論調査で、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)について、ドイツ、フランス、スウェーデン、フィンランドの有権者は離脱交渉で英国に寛大な措置を提供すべきではないと考えていることが分かった。

特にドイツとフランスでは、回答者の53%が、英国は寛大な措置を期待すべきでないと回答。EUは寛大な措置を提供すべきと回答した27%を大きく上回った。

さらに、両国有権者の約半分が、英国との自由貿易協定は同国がEU市民による国内での居住と勤務を引き続き認めた場合にのみ支持すると回答した。

ユーガブの調査ではEU5か国が対象となったが、有権者が英国への寛大な措置を望んだのはデンマークのみだった。

調査は、6月30日から7月5日にかけ、ドイツで2045人、フランスで1008人、スウェーデン、フィンランド、デンマークでそれぞれ1000人前後に質問した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below