for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EU残留派の勢いに回復傾向=英世論調査

 6月18日、英サンデー・タイムズ紙向けの調査会社ユーガブの世論調査によると、英国のEU残留を支持する英国民の割合が44%となり、離脱を支持する割合の43%を上回った。「残留」ロゴ入りマグカップを使うキャメロン首相、ロンドンで16日撮影(2016年 ロイター/Gareth Fuller/Pool)

[ロンドン 18日 ロイター] - 18日に公表された英サンデー・タイムズ紙向けの調査会社ユーガブの世論調査によると、英国の欧州連合(EU)残留を支持する英国民の割合が44%となり、離脱を支持する割合の43%を上回った。

残留派が離脱派に対するリードを回復した。調査は16─17日に行われた面接を基にしているが、同紙によると、残留派のリードは16日の英議員殺害事件を反映しておらず、有権者の中で離脱に伴う経済への影響を懸念する声が強まっていることをより反映したという。

これとは別に18日に公表されたユーガブの世論調査(15─16日実施)によると、離脱派のリードは2ポイントに縮小。1週間足らず前にはリードは7ポイントも開いていた。

調査会社サーベーションは同日、残留派が3ポイントリードしているとする世論調査結果を公表。16日に公表された同社調査では同様のポイント差で離脱派がリードしていた。

また、オピニウムによる世論調査では、両陣営の支持率は44%で拮抗。同調査は14─17日に行われた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up