July 29, 2019 / 10:33 AM / 24 days ago

英外相がEUに警告、「強情な」姿勢改めなければ合意なし離脱に

 7月29日、ラーブ英外相は、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)について、合意なし離脱を回避するには、EUはブレグジットに対する「強情な」姿勢を改める必要があるとの認識を示した。写真はロンドンで6月撮影(2019年 ロイター/Henry Nicholls)

[ロンドン 29日 ロイター] - ラーブ英外相は29日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)について、合意なし離脱を回避するには、EUはブレグジットに対する「強情な」姿勢を改める必要があるとの認識を示した。

外相は、自分としては合意を望んでいるが、それにはEUが姿勢を変えなければならないと主張。

「EUのパートナーとの良いディールを望んでいる」とした上で「EUはこれまで非常に強情な姿勢をとってきた」とも付け加えた。外相は、EUが態度を変えないのであれば、英国は合意なし離脱に向けた準備を進める必要があると語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below