September 13, 2018 / 1:32 AM / 8 days ago

英政府、「合意なきEU離脱」への準備書第2弾を公表へ

[ロンドン 13日 ロイター] - 英政府は13日午後、欧州連合(EU)と将来の関係に関する合意なしに英国が離脱する場合に備え、国民や企業への助言をまとめた文書を公表する。「合意なき離脱」の準備書は全体で80件以上に上り、先月に25件が公表され、今回の公表は第2弾となる。

 9月13日、英政府は午後、欧州連合(EU)と将来の関係に関する合意なしに英国が離脱する場合に備え、国民や企業への助言をまとめた文書を公表する。写真は会見するラーブEU離脱担当相。8月にブリュッセルで撮影(2018年 ロイター/Francois Lenoir)

EU離脱担当省によると、新たに発表される文書では、携帯電話のローミング料金、環境基準、車両基準などの項目がカバーされる。

来年3月29日の離脱期限が近づく中、EU側は英国との離脱交渉で合意に至ることに自信を示しているが、「合意なき離脱」の可能性はなお残る。

ラーブEU離脱担当相は「EU離脱まで6カ月となる中、われわれは、離脱交渉の結果にかかわらず、英国が繁栄を続けられるように『合意がない場合』への準備を進めている」と説明。準備書は「あらゆる結果に備える、われわれの合理的で実際的なアプローチの要だ」と語った。

ラーブ氏はまた、「EUとの合意は依然として最も可能性の高い結果だ」とし、今後の離脱交渉において、EUと英国の「モノの自由貿易圏」の創設を掲げるメイ英首相の離脱案を「最善策」として主張し続ける考えを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below