November 15, 2018 / 9:19 AM / a month ago

英EU離脱担当相ら辞任、協定案承認に抗議 与党でメイ降ろしの動き

[ロンドン 15日 ロイター] - 英国のラーブ欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)担当相が15日、EUとの間で合意したメイ首相の離脱協定素案が前日の臨時閣議で承認されたことに抗議し、辞任した。与党内ではメイ氏の不信任投票を求める動きもあり、素案の存続をかけて首相は厳しい局面に立たされている。

 11月15日、英国のラーブ欧州連合(EU)離脱担当相(左)が15日、EUとの間で合意したメイ首相の離脱協定素案が前日の臨時閣議で承認されたことに抗議し、辞任した。ロンドン市内で14日撮影(2018年 ロイター/Henry Nicholls)

英国政府は14日の臨時閣議でEUからの離脱協定素案を承認したが、閣議決定は全会一致ではなかった。

ラーブ氏は「EU離脱協定案に関する昨日の閣議を受け、私は遺憾ながら辞任しなければならない」とツイッターに投稿。

同氏は、首相の協定案では英国の一体性が脅かされるとも指摘し、「協定案を支持することができない」と述べた。

またマクベイ雇用・年金相も辞任を表明。マクベイ氏はメイ首相に宛てた書簡で「昨日閣議に提出された協定案は、国民投票の結果を尊重していない」と抗議した。

このほか、閣外相2人と政務官2人も辞任した。議員らによると、他にも辞任する閣僚が出るとの見方があるという。

こうした中、与党・保守党のEU懐疑派リーダーであるリースモグ議員がメイ党首の不信任投票を求める書簡を提出。同議員は離脱協定素案について「想定よりひどい」と指摘した。

不信任投票は保守党議員48人が要求すれば実施され、315議員のうち半数以上が賛成すれば、メイ氏は党首を退くことになる。

あるEU懐疑派議員は、さらに多くの議員が書簡提出に動いていると述べた。

これに対し、メイ首相は議会で「選択は明確だ。合意なしの離脱を選べるし、ブレグジットなしというリスクを負うこともできる。また一致団結し、交渉可能な最善の合意を支持することも選べる」と強調し、一歩も引かない構えを示した。

報道官は、メイ氏が不信任投票に立ち向かうとし、来年のEU離脱時も首相にとどまっている意向だと述べた。

一方、メイ氏の離脱案に批判的なジョンソン前外相は、リースモグ議員らが不信任投票の見通しについて協議する会合に参加。リースモグ氏は、次期首相にはブレグジットを信じている人物がなるべきだと記者団に語った。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below