April 26, 2019 / 10:08 PM / 3 months ago

S&Pとフィッチ、英格下げ警告 合意なきEU離脱なおリスク

[ロンドン 26日 ロイター] - S&Pグローバルレーティングとフィッチ・レーティングスは、合意なき欧州連合(EU)離脱リスクを理由に、英国の信用格付けを引き下げる可能性が残っていると警告した。

両社の英国債格付けはいずれも「AA」。

フィッチは、10月31日まで離脱期限を再延長することでEUと英国が一致したが、今後6カ月間の合意なき離脱リスクは完全になくなっていないと指摘した。

S&Pは「ネガティブ」の見通しについて、弱い景気が続くリスクのほか、EU市場へのアクセスが断たれた場合に海外投資家が逃避行動に走ったり、準備通貨としてのポンドの地位が圧迫されて財政に影響が出たりする可能性を反映させたという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below