March 18, 2019 / 10:47 AM / 3 months ago

英与党の離脱派議員、メイ首相案支持を示唆「EU残留よりはまし」

 3月18日、英与党・保守党のEU離脱派、リースモグ議員(写真)は、悪い離脱合意でもEUに留まるよりはまし、との認識を示し、メイ首相の離脱合意案を支持する可能性を示唆した。13日撮影(2019年 ロイター/Reuters TV via REUTERS)

[ロンドン 18日 ロイター] - 英与党・保守党の欧州連合(EU)離脱派、リースモグ議員は、悪い離脱合意でもEUに留まるよりはまし、との認識を示し、メイ首相の離脱合意案を支持する可能性を示唆した。

リースモグ議員はLBCラジオに対し「悪い合意よりは合意なしの方がよいが、悪い合意でもEUに留まるよりはまし」と述べ「2年延期なら基本的にEUに留まるということだ」と指摘した。

自身の投票方針は、メイ政権に閣外協力する民主統一党(DUP)の方針決定を待って決めるとした。そのうえで、メイ首相は自身の離脱合意案の3回目の議会採決をEU首脳会議後に先延ばしするのが賢明と指摘した。

同じく離脱派のレッドウッド議員は、BBCラジオに対し、メイ首相の離脱合意案を「非常に悪い合意」と批判し、議会の「多くの人々」が依然反対していると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below