April 9, 2019 / 8:01 AM / 16 days ago

英国、離脱期限延長の理由示す必要=EU議長国ルーマニア

 4月9日、欧州連合(EU)理事会議長国ルーマニアのチャンバ欧州問題担当相は、英国のEU離脱問題を巡り、同国は10日のEU首脳会合で、離脱期限の延長をどのように活用するのかを説明することが重要になると指摘した。写真はロンドンで3月撮影(2019年 ロイター/Tom Jacobs)

[ルクセンブルク 9日 ロイター] - 欧州連合(EU)理事会議長国ルーマニアのチャンバ欧州問題担当相は9日、英国のEU離脱問題を巡り、同国は10日のEU首脳会合で、離脱期限の延長をどのように活用するのかを説明することが重要になると指摘した。ルクセンブルクでのEU閣僚会議の前に記者団に語った。

英国が5月の欧州議会選挙に備えていることを歓迎するとした上で、英国に時間的猶予を与えるにはそれだけでは不十分だと述べた。

同相は「われわれは(英国が)欧州選挙の準備にコミットしていることを歓迎する。それは(期限延長)問題を協議する条件の1つだった」と指摘。その上で「われわれにとって、英国がなぜ期限を延長したいのか理解することが重要だ。英国が(EUに)とどまるには何らかの目的がなければならない」と語った。

また「数週間前にも同じ状況があった。計画のないまま、同じ問題を議論する余裕はない」と強調した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below