for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EU離脱巡る英与野党協議が決裂、先行き再び不透明に

5月17日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る政府与党・保守党と最大野党・労働党との協議は、労働党が協議を打ち切り決裂した。ブレグジットは再び先行きが見通せない状況となった。写真は2015年4月、ロンドンで(2019年 ロイター/Stefan Wermuth)

[ロンドン 17日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る政府与党・保守党と最大野党・労働党との協議は17日、労働党が協議を打ち切り決裂した。ブレグジットは再び先行きが見通せない状況となった。

労働党のコービン党首はメイ首相宛ての書簡で、政府が立場を根本的に変えず「政策面で双方の重要な溝を埋めることができなかった」と指摘。「さらに重大なこととして、政府の脆弱性や不安定性が高まっており、仮に双方で合意できたとしても政府を信頼することはできないと判断した」と述べ、労働党は来月初旬に予定されている離脱協定案の採決で反対票を投じると明言した。

コービン氏はその後記者団に対し、7月末までに離脱案を一部でも批准できる可能性はゼロだと語った。

離脱案はこれまで3回にわたり否決。メイ首相は1カ月以上前から行き詰まりの打開に向け野党と協議を行ってきた。

メイ首相は、欧州議会選を前に有権者へのテレビメッセージで、国民投票の再実施を巡る労働党内の分裂が協議決裂の原因と示唆した。

首相周辺の関係筋は、協定案に一部議員の懸念を反映させ、新たな内容を盛り込むと明かした。

また、政府はどの方策に議員の賛同が得られるのかを探ろうと、示唆的投票の実施を検討しているもようだ。

英ポンドは17日の取引で、一時1月中旬以来の安値水準を付けた。

*情報を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up