for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

S&P、ブレグジットなら短期間で英格下げへ=独紙

 6月23日、格付け会社S&Pは、同日の国民投票で英国の欧州連合(EU)離脱が決まった場合、英国の格付けがすぐに引き下げられる可能性があるとの見方を示した。ロンドンで15日撮影(2016年 ロイター/Stefan Wermuth)

[フランクフルト 23日 ロイター] - 格付け会社S&Pは、23日の国民投票で英国の欧州連合(EU)離脱が決まった場合、英国の格付けがすぐに引き下げられる可能性があるとの見方を示した。S&Pのソブリン格付け責任者、モーリッツ・クレーマー氏が独ビルト紙に述べた。

23日付の同紙に掲載される記事の要約で明らかになった。

クレーマー氏は「英国が23日の国民投票でEU離脱を決定すれば、(最上位である)『AAA』の格付けが短期間で引き下げられるだろう」と述べた。

また、離脱後の具体的な計画がないことなどから、英国の政治情勢は予測しにくくなり、より合理的でなくなるとの見解を示した。

同氏は4月、英国と欧州は政治、金融、貿易の各分野でつながりが深く、国民投票で離脱が決まれば英国の格下げにつながる可能性が高いと述べていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up