December 18, 2019 / 11:24 PM / 8 months ago

スコットランド首相、独立問う住民投票再実施を要求へ

 12月18日、英北部スコットランド自治政府のスタージョン首相は19日に公表する文書で、独立の是非を問う2度目の住民投票実施の権利を主張する見通しだ。写真はスコットランドのペイズリーで10日撮影(2019年 ロイター/Russell Cheyne)

[ロンドン 18日 ロイター] - 英北部スコットランド自治政府のスタージョン首相は19日に公表する文書で、独立の是非を問う2度目の住民投票実施の権利を主張する見通しだ。

スタージョン氏が率いる地域政党スコットランド民族党(SNP)は前週の英総選挙で、スコットランドの59議席中47議席を獲得し、2017年の前回選挙から11議席を上積みした。

スタージョン氏は「スコットランドの選ぶ権利」と題する文書で、選挙の結果、住民投票再実施の付託を受けたと主張し、住民投票を認める権限を英議会からスコットランド議会に移譲するよう求める見通しだ。

スコットランドの住民投票再実施を巡る最終決定権は英議会にあり、ジョンソン政権は実施を認めない姿勢を繰り返し示している。

スコットランドの独立を問う2014年の住民投票では、独立反対派が55%と、支持派の45%を上回った。しかし、2016年に行われた欧州連合(EU)離脱を巡る英国民投票では、スコットランド全域で残留派が上回った。

世論調査によると、スコットランドにおける独立支持は、2014年の独立運動開始前と比べて大幅に高まっているもようだ。ただ、大半の調査では、現時点で独立派は過半数に達していない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below