for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スコットランド行政府、EUとの関係維持に向け議会の支援求める

 6月27日、スコットランド行政府は、英国が国民投票で欧州連合(EU)からの離脱を決定したことを受け、独自にEUとの関係を維持するためにスコットランド議会の幅広い支援を求める考えを明らかにした。写真はスコットランドの都市、アバディーンで25日撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

[エディンバラ 27日 ロイター] - スコットランド行政府は27日、英国が国民投票で欧州連合(EU)からの離脱を決定したことを受け、独自にEUとの関係を維持するためにスコットランド議会の幅広い支援を求める考えを明らかにした。

28日に提出される特別動議は、スコットランドとEUの関係を保護するためのオプションについて英国や欧州で協議するための支援をスコットランド行政府に与えることを目指す。

スタージョン行政府首相率いるスコットランド民族党(SNP)は、スコットランド議会で議席の過半数を得ていないものの、自由民主党が特別動議を支持すると表明したことで、動議可決の可能性が高まっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up