March 11, 2019 / 4:08 AM / 13 days ago

合意なきブレグジットの回避、極めて重要─欧州議会議長=報道

 3月9日、欧州議会のタヤーニ議長はドイツのメディアに対し、英国が欧州連合(EU)との合意のないままEUを離脱することを回避することは極めて重要だと述べた。欧州連合本部で握手する同議長(右)とメイ英首相(左)。2月にブリュッセルで撮影(2019年 ロイター/Yves Herman)

[ベルリン 9日 ロイター] - 欧州議会のタヤーニ議長はドイツのメディアに対し、英国が欧州連合(EU)との合意のないままEUを離脱することを回避することは極めて重要だと述べた。また、3月29日とされている英国のEU離脱日程について、最長でも数週間しか延期できないとの見解を示した。

タヤーニ議長はフンケ新聞グループとのインタビューで、「合意のないままのブレグジット(英国のEU離脱)という、最大の過ちの回避に関する問題だ」とし、このような離脱は英経済に大きな損害をもたらし、EUにも悪影響を与えると指摘。英国がEUに残留すれば喜ばしいと述べた。

また「離脱日程は最長で数週間しか延期できないと確信している。3月末から、最長で7月初めまでだ」と語った。

タヤーニ議長は、英国が延期理由を示す必要があると述べた。離脱を決定したのは英国で、「これは彼らの問題であって、われわれの問題ではない」と付け加えた。

このほか、ブレグジットが他のEU加盟国に離脱を思いとどまらせるとの見方を示し、「EUを変える必要はあるが、われわれは団結しなければならない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below