August 21, 2018 / 6:20 AM / 3 months ago

英政府、輸出の対GDP比35%目指す 新戦略発表へ

[ロンドン 21日 ロイター] - 英政府はきょう、新たな輸出戦略を発表する。欧州連合(EU)離脱後に世界各国との貿易関係強化を図る中で、輸出の対国内総生産(GDP)比率を35%に高めることが目的だ。

国際貿易省は、国内企業40万社が輸出能力を持ちながら、実際には輸出を行っていないと推定。昨年の英企業による物とサービスの輸出はGDPの30%だったとしている。

フォックス国際貿易相がロンドンで行う講演の原稿(抜粋)によると、同相は「われわれの国際的なネットワークを通じて世界の舞台に英企業をつなげ、支援し、育成する決意だ。EU離脱に当たり、目標は高く設定する必要がある。今回の輸出戦略が目標の達成に寄与するだろう」と述べる予定。

英政府は海外ネットワーク、オンラインツールの利用向上や、政府による輸出金融支援の促進などを通じて企業の輸出を奨励する方針。

英国の最大の輸出先はEUで、2017年の輸出の44%を占めた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below