for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英・トルコが貿易協定延長、EU離脱受け リラ1%上昇

トルコと英国は29日、自由貿易協定(FTA)を延長することで合意した。ブリュッセルで2月撮影(2020年 ロイター/FRANCOIS LENOIR)

[アンカラ/イスタンブール 29日 ロイター] - トルコと英国は29日、自由貿易協定(FTA)を延長することで合意した。英国は年内で欧州連合(EU)から正式離脱するが、トルコとの貿易は従来通り維持される。

英国とEUは24日、FTAなど将来の関係を巡る交渉で合意した。

両国の貿易相がビデオ電話で協定に署名した。協定は来年1月1日に発効する。トルコのペキジャン貿易相は、既存協定の年内終了後に速やかな移行が確実になったと評価した。

英国のトラス国際貿易相は、両国向けに細部を調整した協定が直ちに結ばれることを期待していると述べた。ペキジャン氏は新たな貿易協定について「その方向性で合意した」とし、「できるだけ早く完了させたい」とロイターに語った。

英国際貿易省は27日、今回のFTAは両国間の既存の通商協定を踏襲すると説明。両国間の2019年の貿易額は186億ポンド(252億5000万ドル)だった。

FTA合意を受け、トルコリラは対ドルで1%上昇。年末の薄商いの中、1217GMT(日本時間午後9時17分)時点で1ドル=7.3700リラで推移。年初来では19%下落している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up