January 16, 2018 / 10:32 AM / 7 months ago

英国がEU離脱撤回なら歓迎、方針変更は依然可能=EU大統領

[ストラスブール 16日 ロイター] - 欧州連合(EU)のトゥスク大統領は16日、英国がEU離脱(ブレグジット)を撤回するなら歓迎するとの意向を示した。

 1月16日、欧州連合(EU)のトゥスク大統領(写真)は英国がEU離脱(ブレグジット)を撤回するなら歓迎するとの意向を示した(2018年 ロイター/Vincent Kessler)

大統領は欧州議会で「英政府が離脱の決定を維持するなら、ブレグジットは来年3月に現実となり、あらゆるマイナスの影響が生じる」と述べた。

英国では今月に入り、EU離脱を巡る国民投票の再実施を求める意見が離脱派と残留派の双方から出ている。

トゥスク大統領は、2016年の国民投票で決まったEU離脱決定を見直す動きを支持し、EUはなお方針変更を受け入れることが可能との認識を示した。

欧州委員会のユンケル委員長も、大統領の発言を受け、「われわれの扉はまだ開いているということだ。ロンドンにもこの声が届くことを望む」と語り、英国のEU残留を支持する考えを示した。

一方、メイ英首相の報道官は、メイ氏は2016年の国民投票ではEU残留を支持していたが、首相としてブレグジットを遂行する決意だと説明した。

EU加盟国はブレグジット後の移行期間を巡る英国との交渉開始に向けて準備を進めている。

*内容を追加しました

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below