October 24, 2018 / 9:56 AM / 20 days ago

EU、英離脱交渉で「決定的な進展」あれば首脳会議開催=大統領

 10月24日、欧州連合(EU)のトゥスク大統領(写真)は、英国の欧州連合(EU)離脱について、交渉官が「決定的な進展」があったと表明すれば、いつでもEU特別首脳会議を開催する用意があると述べた。欧州議会で先週のEU首脳会議について説明した際に述べた(2018年 ロイター/Vincent Kessler)

[ストラスブール 24日 ロイター] - 欧州連合(EU)のトゥスク大統領は24日、英国の欧州連合(EU)離脱について、交渉官が「決定的な進展」があったと表明すれば、いつでもEU特別首脳会議を開催する用意があると述べた。欧州議会で先週のEU首脳会議について説明した際に述べた。

同大統領は、先週の首脳会議では、離脱交渉でEU側の責任者を務める欧州委員会のバルニエ首席交渉官が十分な進展があったと判断すれば、再度首脳会議を開くことで合意したと発言。11月17─18日に予定されていた首脳会議は保留状態となっている。

大統領は「EUの交渉官から決定的な進展があったとの報告があれば、欧州首脳会議を開催する用意がある」と発言。「合意に至るという目的を持って、離脱交渉を続けていく」とし、誰も決裂を望んでいないと述べた。

英国が離脱後の移行期間の延長を求めた場合は、首脳会議で延長が支持されるだろうとの認識もあらためて示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below