December 7, 2018 / 4:55 AM / 2 days ago

焦点:英国で空前の倉庫争奪戦、離脱控え企業が在庫積み増し

[レイトンバザード(英国) 5日 ロイター] - ロンドンの北約64キロに位置する巨大な倉庫群では、スタッフが出来る限りたくさんの荷物を詰め込もうと躍起になっている。英国の欧州連合(EU)離脱を控え、在庫を増やそうとする企業の倉庫需要が急増しているのだ。

12月5日、ロンドンの北約64キロに位置する巨大な倉庫群では、スタッフが出来る限りたくさんの荷物を詰め込もうと躍起になっている。写真は3日、英レイトンバザードにあるミニクリッパー・ロジスティクスの倉庫でフォークリフトで作業する従業員(2018年 ロイター/Simon Dawson)

物流倉庫会社ミニクリッパー・ロジスティクスは通路を狭めて棚数を増やした。EU離脱(ブレグジット)に備えて保管スペースの争奪戦が激化する中、同様の工夫が英国全土の倉庫でも広がっている。

中2階と臨時倉庫を増設した同社の保管スペースは約2万8000平方メートルに拡大したが、それでも新規の取引を断らなければならなかった。

「ブレグジットに関する問い合わせが毎日のようにある。搬入待ちの行列ができるほどだ」と、同社の営業責任者ジェイン・マスターズ氏は話す。

英議会が11日に予定されている採決でメイ首相のEU離脱案を否決すれば、世界5位の経済を擁する英国は、最大の貿易パートナーであるEUから混乱の中で離脱する羽目に陥る。

そうなれば、国境検査や港湾のまひ、道路の大渋滞が発生し、英国とEUの間を行き来する5400億ドル(約61兆円)相当の物流が脅かされ、製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)や日用品大手ユニリーバなどの企業にもダメージを与えるのではないか、と企業経営者は心配している。

その結果、来年3月29日に予定されるEU離脱を控えて、英航空・防衛大手のロールスロイスから、欧州の航空機大手エアバス、小売店、製造業、食品会社に至るまで、あらゆる企業が在庫を積み増している。注目された英国の製造業購買担当者景気指数(PMI)は、11月の生産増は在庫の増加が一因だったことを示している。

だが、分単位の製造サイクルで動く経済において、在庫増は時間と資金の無駄であるため、倉庫は不足しており、賃料は上昇している。

冷凍・冷蔵倉庫のオーナーは、来年半ばまで予約で埋まっていると語る。製薬会社に6週間分の在庫を確保させる指示が達成困難だと判明した英国政府は、薬品用保管庫の新設を要請しなければならなかった。

「ものすごい負荷ががかかっている」と、英製薬工業協会のマイク・トンプソン会長はロイターに語った。

<根強い需要>

イングランド銀行(英中銀)によると、最大1カ月の物流混乱に対する備えは、中小企業よりも大企業のほうが進んでいる。

離脱影響が一段落するまでに必要とみられる6カ月から1年程度の倉庫スペースを企業は求めている。通常の5年契約よりずっと短い。

スペースの種類も変化している。通常であれば、必要に応じて部品等を取り出せる棚付きのスペースを求めるが、現在は、棚を外して、完成品をまとめて床から積み上げたいという需要が多いという。

英国の最大手物資管理会社ウィンカントン(WIN.L)のエイドリアン・コルマン最高経営責任者(CEO)によると、完成品やスペア部品、梱包材も含めた原材料など保管するための追加保管スペースについての顧客からの問い合わせは、3カ月ほど前から増え始めたという。

国内に185万平方メートルに上る倉庫スペースを所有する同社だが、コルマンCEOは、これほど一斉に製造会社が保管場所の確保に動く事態は、これまで経験したことがないと話す「企業は、破産しない範囲でできることは何でもやっている」という。

ヒースロー空港近くの倉庫「カーゴ777」の内部。11月30日撮影(2018年 ロイター/Simon Dawson)

オンライン倉庫検索サイト「ストウガ」の責任者チャーリー・プール氏は、英国全体でみれば十分な倉庫スペースがあると話す。ただ必ずしも必要な場所にあるわけではないため、企業側にはコスト上昇要因になっているという。

「態度を決めかねている企業のコストは上昇する。欲しい場所に倉庫を見つけられないかもしれないが、賃料は上昇している」と、プール氏は言う。

ストウガによると、国内倉庫の平均賃料は、9月はパレット1つ当たり週1.85ポンド(約265円)だったが、現在では同2ポンドを超えた。ロンドンではそれよりずっと高い。これまでストウガの顧客は中小企業が中心だったが、先月は大企業との取引が増えた。

保管スペースに対する需要急増は、メイ英首相の離脱案に反対する世論のうねりを受けて起きたものだが、クリスマス商戦の時期にも重なった。

前出したミニクリッパーが所有するある倉庫の稼働率は、先月99.9%に達した。軒先約15メートルの高さまでエアコンやスポーツ用品、化粧品や健康食品のパレットが積み上がっている。

ほとんどがクリスマスには搬出されるが、その後にはブレグジットに備えた在庫が搬入を待っている。

企業は通常1社しか物資管理会社を使わないが、現在はスペースを求めてさまざまな業者に連絡を入れている、とマスターズ氏は言う。「新規取引の問い合わせがこんなに来たのは初めてだ」

<供給不足>

離脱推進派は以前から、外交・通商政策に戦後最大の変化を引き起こすEU離脱が実施されれば、当初は経済に打撃を与えるが、長期的には新たな通商協定が恩恵をもたらす、と主張してきた。

だが英国企業にとっては、直前まで離脱後の通商協定の行方がはっきりしないため、準備が困難になっている。

6カ月前の時点では、顧客は準備するには予想されるシナリオが多すぎると感じていた、とウィンカントンのコルマンCEOは語る。今も不透明さは残るが、彼らは実際に行動を起こさなければならなくなった。

とはいえ、ロンドンや英国中部では、デベロッパーが近年米アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)などのネット通販大手や、テスコ(TSCO.L)などのスーパー向け物流施設建設に注力してきたこともあり、十分な保管スペースを見つけることが難しくなっている。

ネット通販の浸透があまりにも急だったため、それまで英国中部の物流センターに依存していた他の企業は、より迅速な配達を確実にするため、全土に物流拠点を持たなければならなくなった、と法律事務所アドルショー・ゴッダードで不動産を担当するキャサリン・ファーヘッド氏は説明する。

デベロッパーは近年、多層式駐車場を物流センターに改築したり、地下に巨大物流施設を建設する許可を取り付けたほか、住宅に隣接した地域での倉庫建設も増やしている。これは、建築許可を得るとともに、物流施設で働く人も確保しやすくするためだ。

ネット通販向け施設に集中してきたことで、倉庫物流業界は、現在必要とされる多数のテナント向けの投機的倉庫を十分に建設してこなかった。英不動産業者サヴィルズによると、2009年に約870万平方メートルあった空きスペースは、2018年には260万平方メートルしかなかった。

商業不動産会社ジョーンズラングラサール(JLL)は、英国最大の貿易取扱額を誇るヒースロー空港の近くに、国内最大級の空き倉庫「カーゴ777」を所有。白と灰色と黒の外観で、最近改装された同施設の床面積は約7500平方メートルで、物流業者に貸し出される予定だという。

「空港の通関手続きにより長い時間がかかると見込み、より広いスペースを確保する人が多い」と、JLL幹部のメリンダ・クロス氏は言う。「これもブレグジットのためだ。皆それに向けて計画を立てている。準備を進めている。皆、前に進まなければならない」

(翻訳:山口香子、編集:下郡美紀)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below