for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米フェイスブック、英国で地元紙記者育成を支援 580万ドル投じ

 11月19日、米フェイスブックは、450万ポンド(580万ドル)を投じ、英国でジャーナリスト育成を支援すると発表した。写真は同社のロゴ。カンヌで6月撮影(2018年 ロイター/Eric Gaillard)

[ロンドン 19日 ロイター] - 米フェイスブックFB.Oは19日、450万ポンド(580万ドル)を投じ、英国でジャーナリスト育成を支援すると発表した。オンラインメディアに広告収入や読者を奪われ、新聞や記者を失った地域社会を支援する。

今回の支援で、約80名の研修生が「ニュースクエスト」、「JPIメディア」、「リーチ」RCH.Lや「アーチャント」などの地元紙に採用される予定。ジャーナリスト訓練評議会(NCTJ)が育成プログラムを監督する。

フェイスブックは、市民がニュースを入手する手段としての自社の役割を認識するとともに、地元出版社の支援も強化すると表明した。

英誌プレス・ガゼットによると、2005年から17年の間に228の地元紙が廃刊した。新聞社は、活字からオンラインニュースに市民の利用が移行したことに加え、フェイスブックやグーグルGOOGL.Oなどのオンラインプラットフォーム企業に広告収入を奪われたためだと主張している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up