for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英銀行規制、EU離脱後は厳格だが非官僚的に=中銀副総裁

イングランド銀行(英中銀)のウッズ副総裁は22日、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)後の金融規制について、厳格だが官僚的ではない規制を採用するとした。ロンドンで4日撮影(2020年 ロイター/TOBY MELVILLE)

[ロンドン 22日 ロイター] - イングランド銀行(英中銀)のウッズ副総裁は22日、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)後の金融規制について、厳格だが官僚的ではない規制を採用するとした。

当局は、EU離脱の移行期間が年内に終了するのに合わせ、金融機関の新たな規制案を近く公表する見込み。欧州最大の金融センターにおける銀行や保険会社が国際競争力を維持できるよう、規制上の「ブレグジット配当」に期待が高まっている。

ウッズ副総裁は金融業界のオンラインイベントで「英国的な方法に戻ろうという考えでアプローチすべきで、厳格だがより非官僚的な規制になり得る」と語った。

国際的な銀行自己資本規制「バーゼル3」については、そのまま適用するとしたほか、約1カ月以内に小規模銀行の規制簡素化を提案すると述べた。

英財務省の金融サービス部門責任者、ブラディック氏はシティーの競争力強化に何が必要か検討しているとし、「開放性は競争力あるサービスの核心にある」と指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up