July 15, 2020 / 1:40 PM / 21 days ago

トランプ氏、英のファーウェイ排除決定は「自分の手柄」

トランプ米大統領は、英国のジョンソン首相による中国・華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]製品を第5世代(5G)移動通信システムから排除する決定について、自身が貢献したとの認識を示した。14日撮影(2020年 ロイター/JONATHAN ERNST)

[ロンドン/北京 15日 ロイター] - トランプ米大統領は、英国のジョンソン首相による中国・華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]製品を第5世代(5G)移動通信システムから排除する決定について、自身が貢献したとの認識を示した。

ジョンソン首相は14日、ファーウェイの製品を2027年までに5G移動通信システムから完全に排除すると発表。当初は同社の限定的な参入を容認する姿勢だったが、方針転換した。

トランプ大統領は「ファーウェイ製品には多大な安全保障上のリスクがあるため、われわれは多くの国に採用しないよう説得してきた。その大半は私自身が手掛けた」と強調。「米国との取引を望むのであれば、ファーウェイ製品は使わないよう多くの国に伝えてきた」と語った。

米国は安全保障上の理由でファーウェイ製品を5G通信網から締め出すよう繰り返し要請していた。

英国は、トランプ大統領がファーウェイ排除の全責任を負っているわけではないとの認識を示し、トランプ氏の発言を退けた。ハンコック英保健相は「トランプ氏のことについては、皆分かっているはずだ」と述べた。

中国はトランプ大統領の発言に反発。外務省の華春瑩報道官は「ファーウェイ禁止が国家安全保障とは何ら関連がなく、極めて政治色の強い操作であることが改めて示された」とし、「ファーウェイを排除する英国の決定は英国の利益を阻害する。世界は大きく、英国は比較的小さい国だ」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below