for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

J・デップさん、DV訴訟やり直し求める 「元妻の寄付はうそ」

米俳優ジョニー・デップさんが18日、元妻への家庭内暴力(DV)を認定した英裁判所の判決を巡り、離婚和解金を寄付したという元妻の主張は「計算ずくのうそ」とし、裁判のやり直しを求めた。チューリヒで昨年10月撮影(2021年 ロイター/ARND WIEGMANN)

[ロンドン 18日 ロイター] - 米俳優ジョニー・デップさんが18日、元妻への家庭内暴力(DV)を認定した英裁判所の判決を巡り、離婚和解金を寄付したという元妻の主張は「計算ずくのうそ」とし、裁判のやり直しを求めた。

ロンドンの高等法院は昨年11月、元妻で女優のアンバー・ハードさんへのDVを報じた英大衆紙をデップさんが訴えた裁判で、度重なる暴力行為でハードさんが命の危険にさらされたと認定し、デップさんの訴えを退けた。

判決を受け、デップさんは映画「ファンタスティック・ビースト」シリーズから降板した。

デップさんの弁護団はこの日、判決が「明らかに間違っている」とし、控訴裁に審理のやり直しを申し立てた。

弁護団は、ハードさんが2016年の離婚調停で得た700万ドルについて、裁判で説明したような寄付は行っていないとし、こうした事実に基づき審理をやり直したいと述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up