July 4, 2018 / 11:30 PM / 15 days ago

英で重体の2人、ロシア元スパイと同じ神経剤ノビチョク検出

[エイムズベリー(英国) 4日 ロイター] - 英国のテロ対策当局は4日、南部エイムズベリーで先週末に意識不明の重体で発見された男女2人について、検査の結果、倒れる前に神経剤「ノビチョク」にさらされていたことが分かったと発表した。

2人はともに40代で、現在も病院で治療を受けている。

エイムズベリーは、今年3月にロシアと英国の二重スパイだったセルゲイ・スクリパリ氏とその娘が「ノビチョク」で襲撃される事件が起きたソールズベリーの北11キロにある。

ノビチョクは1970─80年代に旧ソ連軍が開発した神経剤。

英政府は3月の事件を受け、ロシアを非難したが、ロシアは襲撃への関与を否定している。

テロ対策当局によると、今回の事案の捜査を進めているが、現段階では、今回被害にあった男女がどのように神経剤に接触したのか、2人が標的とされていたかどうかについては不明だという。

警察は3日、2人が未確認の物質にさらされた可能性があるとし、「重大な事案」として扱うと明らかにしていた。

公衆衛生当局は4日、ノビチョクによる新たな被害が報告されたことで、神経剤が現場近くにまだ残っているとの不安は強まるかもしれないが、国民に対するリスクは依然低いとの見方を示した。

今回の事案を受け、英政府は緊急対応委員会を招集。委員会を率いるジャビッド内相は、新たな事案について、3月のスクリパリ父子の毒殺未遂に続く襲撃というよりも、偶然に起きたものと現状では考えていると語った。

 7月4日、英国のテロ対策当局は、南部エイムズベリーで先週末に意識不明の重体で発見された男女2人について、検査の結果、倒れる前に神経剤「ノビチョク」にさらされていたことが分かったと発表した。写真は現場を調べる地元警察(2018年 ロイター/Henry Nicholls)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below