Reuters logo
EU離脱交渉、将来の関係が考慮されないなら合意せず=英国政府
2017年6月19日 / 00:51 / 5ヶ月後

EU離脱交渉、将来の関係が考慮されないなら合意せず=英国政府

[ロンドン 16日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱担当省は16日、EUとの離脱交渉で、将来のEUとの関係が考慮されない限り合意しないとの考えを明らかにした。メイ英首相は2019年3月のEU離脱より前に、英国がEU側と、離脱と将来の通商関係について交渉することを望んでいる。

 6月16日、英国の欧州連合(EU)離脱担当省は、EUとの離脱交渉で、将来のEUとの関係が考慮されない限り合意しないとの考えを明らかにした。ロンドンで3月撮影(2017年 ロイター/Peter Nicholls/File Photo)

EU離脱担当省の報道官は、離脱に加え、将来の関係の条項についても双方で合意すべきだと発言。「EU離脱と将来の関係は密接に関連している」とし、「将来の関係についても考慮されなければ、離脱手続きは完了できない」と語った。

報道官はまた、離脱後に英国にとどまるEU市民とEU域内に滞在する英国人の権利の確保が最優先事項だと説明した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below