for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英首相官邸パーティーで新たな報道、20年の封鎖下でスタッフ招き

[ロンドン 10日 ロイター] - 英放送局ITVは、首相官邸が2020年の新型コロナウイルス流行に伴う最初のロックダウン(都市封鎖)期間中にスタッフを招いて酒を持ち寄るパーティーを官邸の庭で開いたと報じた。ジョンソン首相も出席したという。

 1月10日、英放送局ITVは、首相官邸が2020年の新型コロナウイルス流行に伴う最初のロックダウン(都市封鎖)期間中にスタッフを招いて酒を持ち寄るパーティーを官邸の庭で開いたと報じた。ロンドンで2021年12月撮影(2022年 ロイター/Dylan Martinez)

報道によると、首相の個人秘書官であるマーティン・レイノルズ氏は20年5月20日に100人以上のスタッフに招待メールを送信。「このところ激務が続いたため、今日の快適な気候を存分に満喫し、ソーシャルディスタンスでお酒を堪能することは良い気分転換になるだろう」とし、夕方からのパーティーに酒を持ち寄り参加するよう呼び掛ける内容となっている。

パーティーにはジョンソン氏とキャリー夫人を含め、40人程度が集まったという。当時は複数の世帯による屋外の集会を2人以内に限定する規制が敷かれ、パブやレストランが閉鎖されていた。

首相官邸はコメントを控えた。

ジョンソン氏を巡っては、官邸など官公庁でコロナ規制に違反するパーティーが複数回開かれた疑惑が浮上、相次ぐ不祥事で政権の求心力が急激に低下している。

野党・労働党のベン・ブラッドショー議員は議会で、ジョンソン氏の代わりに答弁に立ったマイケル・エリス財務省主計長官に対し、「首相が法律に違反したのならば、辞任するのが当然だろう」と迫った。

エリス氏は「首相はどこにも行かない」と応じた上で、不祥事について謝罪した。

サバンタ・コムレスの最新の世論調査では、ジョンソン首相は辞任すべきとの回答が全体の66%に上り、官邸でのクリスマスパーティーを巡る報道直後の12月調査から12%ポイント上昇した。調査は11日に1040人を対象にオンラインで行われた。

調査会社ユーガブも11日に5391人を対象に調査を実施。首相は辞任すべきとの回答は全体の56%を占め、11月22日の48%から上昇した。

ロンドンの警察は10日、首相官邸での防疫規制違反に関する「報道の拡大」を受けて内閣府とやりとりしていると明らかにした。

政府幹部のスー・グレイ氏は昨年のロックダウン期間中に官公庁で5回以上パーティーが開かれた疑惑について調査を行っている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up