for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ジョンソン英首相謝罪、封鎖中のパーティー参加認める 野党は辞任要求

[ロンドン 12日 ロイター] - 英国のジョンソン首相は12日、新型コロナウイルス対策として実施された2020年のロックダウン(都市封鎖)中に首相官邸で開かれたパーティーに参加したことを認め、「心から謝罪する」と表明した。

英放送局ITVによると、首相の個人秘書官であるマーティン・レイノルズ氏は20年5月20日、100人以上のスタッフに招待メールを送信し、夕方からのパーティーに酒を持ち寄り参加するよう呼び掛けた。

ジョンソン首相は議会で「規則を制定する人間が規則を適切に順守していないとして、私に対する人々の怒りを理解している」と述べた。

自身の行動を後悔しているとした上で、パーティーではなく、仕事のイベントだと思っていたと釈明。25分程度参加し、参加していたスタッフに謝意を伝えた後、仕事に戻ったと釈明した。 ジョンソン首相の報道官は、「首相はパーティーの招待メールを見ていなかった」と記者団に語った。

最大野党・労働党のスターマー党首は、国民はジョンソン首相がうそをついていると感じているとし、「パーティーは終わった」と述べ、ジョンソン首相は辞任すべきと主張。「数カ月にわたる偽りの後、全ての道が尽きた哀れな男の光景だ。パーティーに参加していたことに気が付かなかったという釈明はあまりにもばかげており、英国民に不快感を与える」と非難した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up