for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英首相後任候補のスナク元財務相、「裏切り者」の印象拭えるか

 10月20日、英国でトラス首相が就任からわずか1カ月余りで辞意を表明して政治的混乱が広がる中、与党内ではもはや事態を収拾できるのは直近の党首選でトラス氏に敗れたスナク元財務相(写真)しかいない、との見方が浮上している。8月31日、ロンドンでの選挙キャンペーンで撮影(2022年 ロイター/Hannah McKay)

[ロンドン 20日 ロイター] - 英国でトラス首相が就任からわずか1カ月余りで辞意を表明して政治的混乱が広がる中、与党保守党は早急な対応を迫られている。党内では、もはや事態を収拾できるのは直近の党首選でトラス氏に敗れたスナク元財務相しかいない、との見方が浮上している。

ラーブ元副首相はツイッターで「スナク氏は金融の安定を取り戻し、インフレを抑え、長期的に持続可能な減税を実現する計画と信頼性を持ち、国民のために政府に最優秀の人材を投入するという形で保守党を結束させることができる」と述べた。

党内のスナク氏支持派は、6週間前の党首選で同氏が英国の物価高を解消するには慎重な経済運営が必要で、トラス氏の政策を「おとぎ話」と批判した点からも、次期首相に就任する資格がある人物だと分かると主張している。

この党首選では、一般党員の投票でトラス氏に差をつけられて敗北したものの、党所属下院議員の間ではスナク氏支持が一番多かった。

一般党員の間でスナク氏の人気が乏しかったのは、ジョンソン政権の下でいち早く閣僚を辞任し、その後の政権崩壊のきっかけをつくった裏切り者という印象が強まったことや、財務相として国民の生活が非常に苦しい状況で数十年ぶりの規模の増税案を提示した点にある。

スナク氏が次の首相を決める党首選を勝ち抜くには、党内に残るこうした「敵意」を和らげる必要がある。同氏は、インドの富豪の娘である妻が海外収入について英国での納税を免除されていたとされる問題でも批判を浴びた。

ブックメーカーによると、次期党首選で最も勝利に近いのはスナク氏とされる。ただ前回の党首選でもスナク氏はトラス氏より優勢と見込まれていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up