July 10, 2020 / 9:46 AM / a month ago

英経済は今年10%縮小、公的債務も急増=ムーディーズ

6月10日、格付け会社ムーディーズは、今年、英国経済が被る打撃は先進国中で最も大きく、公的債務が国内総生産(GDP)に占める比率は2019年比で24%ポイント超急増する可能性が高いとの見方を示した。ロンドンで2月撮影(2020年 ロイター0/Hannah McKay)

[ロンドン 10日 ロイター] - 格付け会社ムーディーズは10日、今年、英国経済が被る打撃は先進国中で最も大きく、公的債務が国内総生産(GDP)に占める比率は2019年比で24%ポイント超急増する可能性が高いとの見方を示した。

英政府が今週公表した景気対策は段階的な経済回復に資するものの、将来の財政状況に一段と負担がかかると指摘した。

ムーディーズは今年の英国経済が10.1%のマイナス成長に陥るとした上で、ロックダウン(都市封鎖)が解除されれば段階的な回復が予測されるとし、来年の成長率はプラス7.1%に達するとしている。

英国の格付けはAa2、アウトルックは「ネガティブ」。

ムーディーズは、経済活動が4月に底打ちし、徐々に回復を始めていることが指標で示されているとする一方、「欧州連合(EU)離脱を巡る不確実性が長引くという予想を考慮すると、英経済の縮小は他のG20(20カ国・地域)諸国より急激になると想定している」と述べた。

また、通常は年終盤に編成される秋の予算が公的債務を巡る今後の道筋をより明確にするための鍵になると指摘した。

これとは別に格付け会社フィッチ・レーティングスは同日、英経済は今年は9%のマイナス成長に陥るとし、従来予想のマイナス7.8%から下方修正した。

また、財政赤字の対GDP比率は最大17%まで上昇するとの見方を示した。

*情報を追加します

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below