for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英の銀行・投資会社資本規制、EUより半年遅れで導入へ

 11月16日、英当局は16日、銀行と投資会社を対象にした新たな資本規制について、業界の準備期間を設けるために当初予定よりも半年遅い2022年初めに導入すると明らかにした。写真はロンドンの金融街。5日撮影(2020年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 16日 ロイター] - 英当局は16日、銀行と投資会社を対象にした新たな資本規制について、業界の準備期間を設けるために当初予定よりも半年遅い2022年初めに導入すると明らかにした。

欧州連合(EU)での導入の半年後になる。EU離脱の移行期間が2020年末で終了するなか、英国がいかに金融規制でEUと連動していないかを示している。

英当局はこれまで、EUと同時に銀行の資本規制を導入する方針を示していた。ただ、投資会社の資本規制導入時期は明確にしていなかった。

当局は延期決定について、2021年に予定されている規制改革の規模に対して懸念を示している業界からのフィードバックを踏まえたものだと説明している。

導入時期の延期について金融サービスが専門の弁護士、AshSaluja氏は、投資会社には歓迎されるが、英企業にとっては、簡素化された資本規制への移行がEU企業よりも半年遅れることになると指摘。「これは、ブレグジット後の英国とEUの規制分野における乖離を如実に示す例だ」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up