for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪、紙幣に新英国王を「自動的」には採用せず 地元著名人も検討

 豪政府は13日、同国の5ドル紙幣に描かれているエリザベス2世の肖像画が自動的に新英国王チャールズ3世に置き換わることはないとし、代わりにオーストラリアの著名人が採用される可能性もあると説明した。写真は豪ドル紙幣。2018年2月撮影(/Daniel Munoz)

[シドニー 13日 ロイター] - 豪政府は13日、同国の5ドル紙幣に描かれているエリザベス2世の肖像画が自動的に新英国王チャールズ3世に置き換わることはないとし、代わりにオーストラリアの著名人が採用される可能性もあると説明した。

硬貨には関しては、英国の君主の肖像を使うことが義務付けられている。財務省高官は、5ドル紙幣に女王の肖像を入れたことは君主としての地位ではなく女王の人格を考慮した上で決定されたと指摘。今後見込まれている肖像の変更は「自動的に」行われるものではないとした。

英国君主の代わりに、先住民の土地権利活動家であるエドワード・マボ氏のようなオーストラリアの著名人を採用することを検討するのかと記者に質問された同高官は「将来的に議論することになる」と回答。

「検討は政府内で行う。急ぐ必要はない。今は硬貨の入れ替えが優先だ」とした。

英女王の死去を受けて、オーストラリアでは立憲君主制維持の是非を巡る議論が再燃している。1999年に行った国民投票では、有権者は英国の君主を国家元首とする制度を維持することを僅差で選択した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up