May 7, 2019 / 1:30 AM / 17 days ago

英ヘンリー王子夫妻の第1子誕生、王室や政界からお祝い相次ぐ

[ロンドン 6日 ロイター] - 英王室のヘンリー王子とサセックス公爵夫人(メーガン妃)の第1子で王位継承権7位となる男児が6日早朝に誕生し、英国と同妃の祖国である米国ではお祝いムードが広がっている。

ヘンリー王子は記者会見で「今朝早く、妻と私の間に非常に健康な男の子が生まれたことを発表でき、とても喜んでいる。母子ともに、信じられないほど元気だ。わたしが想像した中で最も素晴らしい経験だった」とコメント。「予定通り、おそらく2日後にあなたたちに会うことになるだろう」と述べた。

名前については「まだ考えている。出産が予定より少し遅れたため、少し考える時間があった」とした。

王室は公式声明を発表し「エリザベス女王、エディンバラ公(フィリップ殿下、女王の夫)、チャールズ皇太子、コーンウォール公爵夫人(皇太子の妻カミラ夫人)、ケンブリッジ公爵夫妻(ウィリアム王子夫妻)、レディ・ジェーン・フェローズ(故ダイアナ元妃の姉)、レディ・セーラ・マッコーコデール(同)、そしてスペンサー伯爵(元妃の弟)はこのニュースを知り、喜んでいる」とした。

政界からも祝賀コメントが相次いだ。メイ首相は「サセックス公爵夫妻の男児の誕生をお祝いする。この幸せな時間にあなたが幸せでありますように」と祝った。米国のミシェル・オバマ前大統領夫人は「おめでとう、メーガンとハリー(ヘンリー王子の愛称)。バラクと私はとてもわくわくしていて、赤ちゃんに会うのが待ちきれない」と述べた。

一方、英大衆紙サンによると、メーガン妃の父親であるトーマス・マークル氏は「わたしの新しい孫が英王室に生まれたことを誇りに思う」と述べ、「神のご加護がありますように。わたしの愛する娘であるメーガン妃とハリー王子にお祝いを申し上げる。女王陛下万歳」と締めくくった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below