October 2, 2019 / 3:22 AM / 14 days ago

英メーガン妃がタブロイド紙を提訴、私的な書簡を報道

 英ヘンリー王子の妻であるメーガン妃(写真)が、私的な書簡の内容を報じたとして英タブロイド紙メール・オン・サンデーを提訴した。写真はケープタウンで9月25日に代表撮影(2019年 ロイター)

[ロンドン 1日 ロイター] - 英ヘンリー王子の妻であるメーガン妃が、私的な書簡の内容を報じたとして、英タブロイド紙メール・オン・サンデーを提訴した。メーガン妃の弁護人はこの報道が違法だとしている。

メーガン妃の弁護を担当する弁護士事務所シリングスは、書簡内容の報道について、メーガン妃とヘンリー王子を「意図的に中傷し誤った情報を伝えるこのメディアグループのキャンペーンの一環」だと主張。「プライバシーの侵害、著作権の侵害、同メディアの方針を是正」するため提訴したと説明した。書簡の詳細や報道された日時には言及しなかった。

ヘンリー王子は1日に声明を発表し、一部の英メディアによる「いじめ行為」を受けて法的措置に踏み切ったと説明。「私が最も恐れていることは歴史が繰り返すことだ。自分の愛する人が物事のように扱われるようになるのを見てきた。母を失い、今では妻が同じ力の犠牲になっている」とコメントした。

ヘンリー王子の母親のダイアナ元妃は1997年にパリでパパラッチに追跡され、自動車事故で死去した。

王子はまた、メール・オン・サンデーが「特定の段落、文章、単語を省くことで故意に(読者を)ミスリードさせた」と非難した。

一方、メール・オン・サンデーは事実でないと否定。「報道内容を堅持する」とし、精力的に裁判に臨むと表明した。

シリングスによると、訴訟費用はヘンリー王子夫妻が個人的に負担している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below