for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エリザベス女王が「家族全員悲しみ」と声明、メーガン妃告白で

[ロンドン 9日 ロイター] - 英王室は9日、ヘンリー王子とメーガン妃が王室内で不当な扱いを受けたと告白したことについて「夫妻が過去数年間置かれた厳しい状況の全容を知って家族全員が悲しんでいる」などとしたエリザベス女王の声明を発表した。

声明には「特に人種(差別)の問題が発生したのはゆゆしきことだ。記憶にあいまいな部分があるかもしれないが非常に深刻に受け止めており、家族内で対処していく。ヘンリー王子、メーガン妃、長男のアーチー君は常に大変愛される家族の一員であり続ける」と記されている。

ヘンリー王子とメーガン妃は7日放映された米テレビのインタビューで、アーチー君の妊娠中に王室メンバーから、生まれてくる子どもの肌の色を懸念する人種差別的な発言をされ、メーガン妃が自殺を考えたと打ち明けていた。

このインタビューは英国で1240万人、米国で1710万人が視聴し、英王室が何らかの対応を迫られる事態になった。英紙タイムズは「王室はこれ以上ないほどのダメージを受ける恐れがある。弁解の余地がほとんどないからであるのは言うまでもない。王室が何世紀もの荒波を乗り越えてきた鍵は時代のニーズに適合する能力にあった。今回も適合することが求められる」と伝えている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up