for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英女王国葬、各国要人約500人参列へ 一般弔問は最長24時間待ち

英国で19日にロンドンで執り行われるエリザベス女王の国葬には、200近くの国・地域の要人約500人が参列する見通し。代表撮影(2022年 ロイター)

[ロンドン 16日 ロイター] - 英国で19日にロンドンで執り行われるエリザベス女王の国葬には、200近くの国・地域の要人約500人が参列する見通し。英外務省筋が16日明らかにした。

バイデン米大統領やマクロン仏大統領ら100人近い各国首脳や皇族らが含まれ、警備体制は英史上最大規模となることが見込まれている。

またロンドン市内では16日、エリザベス女王のひつぎが安置されている英議会議事堂ウェストミンスターホールに数万人の市民が弔問に訪れ、長蛇の列ができた。待ち時間は最長24時間という。

週明けの国葬までに75万人が訪れると推定されている。

英サッカーのイングランド元代表のデービッド・ベッカム氏も16日、弔問に訪れた。他の市民と同じように13時間以上列に並び、「今日のような瞬間は一緒に分かち合うものだ」と述べた。報道によると、ベッカム氏は女王のひつぎの前で涙を浮かべている様子だったという。

*システムの都合により再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up