December 25, 2018 / 6:46 AM / 3 months ago

英女王、クリスマスのメッセージで善意と敬意を呼び掛け

 12月24日、英国のエリザベス女王は、今年のクリスマスのメッセージで平和と善意の必要性に触れ、互いに敬意を示すべきだと呼び掛ける見通し。バッキンガム宮殿が発表したメッセージの抜粋で明らかになった。写真はメッセージの録画後に代表撮影(2018年 ロイター)

[ロンドン 24日 ロイター] - 英国のエリザベス女王(92)は、今年のクリスマスのメッセージで平和と善意の必要性に触れ、互いに敬意を示すべきだと呼び掛ける見通し。バッキンガム宮殿が24日に発表したメッセージの抜粋で明らかになった。

エリザベス女王は、イエス・キリストの誕生について「地球での平和とすべてに対する善意というメッセージが廃れることはない。すべての人が耳を傾けることのできるメッセージで、必要とされている」と述べている。

「大きな違いがあっても、敬意を持ち同じ人間として互いに接することは、より深い理解に向けた一歩となる」としている。

女王は議論を呼ぶ国際問題や政治問題について公の場で発言することは避けており、今回のメッセージでも7月のトランプ米大統領の訪英や、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る混乱には言及していない。

女王は毎年クリスマスの時期をイングランド東部のサンドリンガム・エステートで家族と共に過ごしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below