October 26, 2018 / 6:08 AM / 19 days ago

英ヘンリー王子夫妻の結婚式衣装を展示、ウィンザー城

 10月26日、英王室のヘンリー王子とメーガン妃の挙式にまつわる展示「ロイヤル・ウェディング」が、式が行われたウィンザー城で開催され、ウェディングドレスなどが26日から展示される。25日撮影(2018年 ロイター/BRITAIN-ROYALS-WEDDING-OUTFITS)

[ウィンザー(英国) 26日 ロイター] - 5月19日に結婚した英王室のヘンリー王子とメーガン妃の挙式にまつわる展示「ロイヤル・ウェディング」が、式が行われたウィンザー城で開催され、ウェディングドレスなどが26日から展示される。

このドレスは仏ブランド「ジバンシー」の英国人デザイナー、クレア・ワイト=ケラー氏がデザインした。

メーガン妃は式で、英連邦53カ国の花が刺しゅうされた長さ5メートルのベールと、エリザベス女王から貸与されたダイヤモンドのティアラを着用した。今回は靴も併せて公開される。

展示される場所は、祝賀会場の一つとなったウィンザー城のレセプションルーム。王子が着用した近衛騎兵隊の制服は、レプリカが展示される。 

見学者はベールなどを間近で見られるほか、夫妻が挙式準備について相談している様子や、ワイト=ケラー氏がドレスについて説明する音声をオーディオ機器で聞くことができる。

ヘンリー王子のめいのシャーロット王女と甥のジョージ王子が花嫁の付添い人を務めた際の衣装も展示される。シャーロット王女の衣装も、ワイト=ケラー氏のデザインによるもの。ジョージ王子の衣装は、ヘンリー王子が着用した制服のミニチュアレプリカだった。

ウィンザー城での展示は、来年1月まで。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below