March 19, 2019 / 5:33 AM / in 5 months

英国最大の銅像がプリマスに到着、435キロの旅を経て

 3月18日、英国南西部のプリマスで、同国最大となる高さ7メートルの銅像が王立劇場の外に展示された。街の知名度向上策の一環として作られたもので、ランドマークとなることが期待されている(2019年 ロイター/Peter Nicholls)

[プリマス(英国) 18日 ロイター] - 英国南西部のプリマスで18日、同国最大となる高さ7メートルの銅像が王立劇場の外に展示された。街の知名度向上策の一環として作られたもので、ランドマークとなることが期待されている。

身をかがめた女性の巨大な銅像で、タイトルは「メッセンジャー」。近隣の街コーンウォール出身の彫刻家ジョセフ・ヒリアー氏(44)が制作した。ウエールズの鋳造工場で成型された後、プリマスまでの435キロをパーツに分けて運ばれ、海軍基地で組み立てられた。部品の背丈が高すぎ、道路にかかる自動車用の橋の下をくぐれないため、ルートの最後は船で運ばれた。

ヒリアー氏は像について、演劇グループと仕事をした際、けんかの場面で俳優が取ったポーズからヒントを得たと説明。「地に足が付いていて、とてもダイナミックなポーズだ」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below